【花蓮日本語ガイド】花蓮初の日本人ガイドが紹介する花蓮の観光名所!


by hualien-travel

鳳林・校長夢工廠

【日本人観光ガイドが日本語でご案内する花蓮の旅シリーズ】
緑と歴史がテーマの 花東縦谷観光コース

鳳林鎮には数多くの日本統治時代の建造物が地元の人々のご尽力によって、修復・復元・保存されています。
今回ご紹介する「校長夢工廠(工場)」もその一つです。この建物は統治時代は、花蓮港庁鳳林支廳でした。


終戦後、鳳林国民中学(中学校)の初代校長「張七郎校長」の宿舎として使用されていました。
e0314528_16361344.jpg




日本統治時代、鳳林鎮(当時の林田村)には数多くの日本人が移民として生活をしていました。その日本人の労働力の要であったのが、客家人でした。勤勉で努力家の客家人の人達は当時の日本人としても非常に頼りになる人力でした。
終戦後、日本人が去った鳳林には数多くの客家人の人達が残されました。
元々勤勉家である客家人の人達は教育に力を注ぎました。その結果、人口1万人ほどの小鎮から全台湾において校長輩出密度全国NO1の112名の校長を輩出することになりました。

そこで、廃虚同然になっていた元花蓮港庁鳳林支廳であり張七郎校長の宿舎を修復し、2004年に「校長夢工廠」が誕生しました。
e0314528_16452878.jpg

e0314528_16454195.jpg




入館料は無料で、建物内では昔、使用されていた教材や事務機器が数多く展示されています。
e0314528_16472776.jpg
e0314528_16474327.jpg

e0314528_1648024.jpg




花蓮の旅に関するご質問・お問い合わせ、ガイドの予約、宿泊手配、各種入園券等々、何でもお気軽にご相談ください。
hualien.t.g@gmail.com まで

by hualien-travel | 2013-05-01 16:50 | 海外旅行 台湾 花蓮